一般社団法人

 
 

愛知県臨床工学技士会

 
 

Aichi Association for Clinical Engineering Technologists

※このたび当ホームページにつきまして、スマートフォンなどのモバイル端末で表示が最適化され閲覧しやすくなりました。
ぜひ一度ご確認いただき、ますます当サイトを活用していただけたら幸いです。

組織

組織図

クリックすると拡大されます。

 

 

事務局

管理部門担当副理事長 事務局担当理事 薗田 誠
 総会後の臨時理事会において、先期に引き続き事務局を担当させて頂くことになりました。
 先期では、はじめて行う業務ばかりで正会員や賛助会員の皆様に多数ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんでした。一般社団法人化して3期目となり、委員会や部会の活動も試行錯誤され、様々な整備がなされ事務局においても紙媒体中心の管理方法から、電子媒体を中心とした管理に改善している途中です。また、今年度は事務局が中心となって行っておりました会計業務を会計部会中心とした管理に切り替え、より一層の透明化を図る予定です。
 事務局として会員の皆様に気軽に相談して頂けるような組織を確立するよう努力致しますので、何卒よろしくお願い申し上げます。
 
事務局兼総会担当理事 隅 智子
このたびの愛知県臨床工学技士会理事選挙において会員の皆様より選出していただき、第6回定時社員総会で理事に拝命されましたことを御礼申し上げます。
 理事1年生で先輩方が築かれた技士会を受け継ぐ重圧を感じながら、自分は何ができるのだろうかと模索しています。
 第一に、技士会においても男女共同参画社会にふさわしい視点で女性技士の地位向上に尽力していきたいと思っています。
 まだまだ、未熟者ですが、会員の皆様からのご指導ご鞭撻を賜り、私も成長すると同時に、愛知県臨床工学技士会への今後の発展に微力ながら貢献したいと思っております。

会計部会

会計部会担当理事 高橋 貢
 会員の皆様いつも大変お世話になります。5月25日の定時社員総会において理事に推挙され、このたびも会計部会担当理事を務めさせていただくことになりました。
 私自身これまでも2期にわたり会計部会を担当してきましたが、管理部門としての会計の業務は会員の目には少し届きにくいと思っています。しかし総会議案書に掲載されている収支報告および予算案において、健全な技士会運営がなされていることをご確認いただけているものと思います。3期目となる今回は事務局業務をより円滑にできるよう業務の見直しを図るとともに、これまで以上に愛知県臨床工学技士会の発展のために誠実に取り組んでいく所存ですので、引き続きよろしくお願いいたします。

庶務部会

庶務部会担当理事 長尾尋智
 庶務部会が設置され4年が経過した。事務局の業務改善、業務負担を軽減し、会員への速やかなサービスを行う機能を持つものであるがまだ充実したものにはなっていない。ホームページ(HP)への問い合わせでは事務局で対応することも多く、電話での問い合わせも続いている。また、会費納入のできない口座による未納入会員も増えている。さまざまな書類や選挙書類の送付では所属施設名の間違いやその施設にいない会員に対する郵送物の送付もあった。存在しない施設への対応処理、そのための経費や手続き業務はまったく無意味なものと考える。都合のいいセミナー参加ポイントも会員でなければ生かせないだろう。投票率の低下では日本臨床工学技士会への地方の意見の反映は望めない。会員は権利もあるが責任も義務もあることを自覚していただきたい。この会員のモラルも問われる状況を憂慮したい。他県から見ると「愛知はよく頑張っている。」といわれることも多い。「臨床工学技士免許の創設」「日本臨床工学技士会の設立」に努力された愛知の先人が育ててきた、その愛知県臨床工学技士会の会員であることの責任と誇りをもっていただきたい。今後の目標として誠実な会員へは誠実に、不誠実な会員もどきは会員数を減らしてでも排除できる強い組織力と行動力とブランド力を備えた愛知県臨床工学技士会になれるようHPの充実、会員名簿の整理、会員状況の把握について整備、活動したいと考えております。

広報部会

管理部門担当副理事長 広報部会担当理事 日比谷 信
 会員の皆様、いつもながら当法人にご協力ご支援を賜り、ありがとうございます。
 私こと、皆様のお陰で今期も法人運営に関われることを大変うれしく思います。改めまして感謝申し上げます。
 今期は副理事長として、薗田誠副理事長と二人三脚で法人管理部門の活動をさせて頂きます。
 また、今期から管理部門に移動となりました広報部会の活動を支える任務を兼務いたします。
 会員の皆様はもとより、県民の皆様に当法人の活動をお伝えし、また、良く聞くための仕組みを部員とともに検討し行動したいと考えています。さらには、会務を電子情報を活用して効率良く実施できるような仕組みづくりについても検討し提案して参りたいと考えています。
 どうぞよろしくお願いいたします。

ガバナンス委員会

ガバナンス委員会担当理事 中谷 環
 会員の皆様におかれましては、技士会へのご理解ご協力ありがとうございます。今回、社員総会にて理事として承認を頂き、ガバナンス委員会を担当する事になりました。各県の技士会の中でもガバナンス委員会が理事会の運営並びに内容精査を行い、各会員にとって有益な運営を明確に行っている技士会は、愛知県以外には無いと言っても過言ではありません。会員数が800名を抱える法人として、ガバナンス委員会の設置とその功績は大きく、第2期並びに第3期の体制で築きあげた一般社団法人としての透明性、健全性、遵法性の確保、説明責任、情報開示、責任の明確化という健全経営の基盤構築は目を見張るものがあります。今後この体制を継続させるとともに、その内容、方針、ルールの順守、および事業の有効性・効率性の維持並びに向上を目標とし、事業内容の精査も含め、理事会が健全かつ効率的に運営されるよう尽力いたします。今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。

事業部門

事業部門担当副理事長 柴田 昌典
 当会は今期から新体制が発足し、このたび小職は事業部門担当副理事長の大任を拝命致しました。これまでに教育委員会、組織職能委員会を担当する理事のほか、前期までは広報部会担当理事ならびに編集委員長を兼任させて頂いておりました。充分に皆様のお役に立てたと申し上げるほどの自信は到底ございませんが、小職なりに実直に取り組んできたのではなかろうか振り返っております。当会も今や800名を超える会員を擁する、全国でも屈指の地方技士会に成長してまいりましたが、小職も今期より当会の事業部門を統括する責任者としまして、会員の皆様に少しでも有益と考える事業を提供できるよう微力を尽くしてまいる所存であります。愛知県臨床工学技士会はすでに中部7県のブロックを代表する存在でありますし、少なくともこの地域では積極的なリーダーシップを発揮して行きたいと考えております。幸いなことに小職は日本臨床工学技士会の常任理事を兼任させて頂いておりますので、中央の動き等につきましても生の情報を、当会の担当理事の方々を通じて直接に皆様にお届けできるのではないかとも考えております。また役員一同、力を合わせまして新理事長を支え、かつ堅固な組織作りに邁進して行きたいと考えております。皆様のご協力とご支援を是非ともお願い申し上げます。

組織強化部会

組織強化部会担当理事 春田 良雄
 会員の皆様におかれましては、日頃より組織強化部会の活動にご協力頂き誠にありがとうございます。愛知県臨床工学技士会も新体制になりましたが、今期も組織強化部会を担当することになりましたのでよろしくお願いします。組織強化部会では、昨年から臨床工学技士の知名度向上の目的で、県内の施設にご協力をいただき、高校生の職場体験を新規事業で行う事が出来ました。また、例年行っている入会率向上のための臨床工学技士養成校への訪問、他団体との協力を目的に「臓器移植キャンペーン」へ参加しました。さらに、技士会の若い力を集結するためにボーリング大会を開催して組織力向上に努めてきました。今年度も継続的に事業を遂行すると同時に、新規事業として一般の方を対象としてCEの日に「臨床工学技士体験コーナー」を開催するために今年度より組織強化部会役員で準備をしていきたいと考えています。会員の皆様のご協力も必要となりますので、ご協力のほどよろしくお願いします。
 
組織強化部会担当理事 小塚 信
 このたび第6回定時社員総会に於きまして、愛知県臨床工学技士会の理事に選任されました小塚信です。このような経験は初めてで、不安や戸惑いはありますが理事の中では一番若く勢いはあると思います。
 愛知県臨床工学技士会の一会員とし、微力ながらも新しい風を吹き込みたいと考えています。また本年度は組織強化に力を入れ、若手技士の交流や各施設との繋がりが強化できるよう務め、愛知県臨床工学技士会を一層躍進させたいと思っております。
 会員皆様のご教示を仰ぎながら精一杯務めさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

学術部会

学術部会担当理事 木下 昌樹
 会員の皆様ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は当技士会学術事業に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さてこの度昨年度に引き続き学術部会担当理事に任命されました。5年目となりますが引き続き会員の皆様のスキル向上に寄与できるよう学術部員の皆様とともにセミナーを企画し、充実した内容で遂行してまいりたいと思います。
 今年度も学術セミナーへ多数のご参加お待ちしています。

医療安全部会

医療安全部会担当理事 森實 篤司
 会員の皆様には日頃より愛知県臨床工学技士会の活動への協力ありがとうございます。
 今期より日比谷旧理事長より神戸理事長のもと新体制にて運営されることが決定されました。今後は新理事長を中心に愛知県臨床工学技士会のさらなる発展に微力ながら理事として協力していく所存でございます。今回、担当になった医療安全事業部会も会員の皆様の協力を得ながら愛知県としての医療安全の提案をできればと考えております。引き続き宜しくお願いいたします。

編集委員会

編集委員会担当理事 中前 健二
 平成26年度定時社員総会におきまして理事に選任され、このたび編集委員会を担当させてい頂くことになりました。
 編集委員長として愛知県臨床工学技士会会報・会誌の編集活動を通じて会員の皆様方との関わりを持ち、様々な情報を提供するとともに、編集活動のみならず私自身、臨床工学技士・検査技師として経験したことを神戸新理事長の体制の下、少しでも新しい取り組みに活かせればと考えています。新任であり甚だ微力ではありますが、諸先輩理事の皆様をはじめ会員の皆様のご指導、ご協力を得て、さらには、歴代の理事の皆様が築かれた伝統と熱い想いも受けつぎ、愛知県工学技士会における理事職務を全うすべく全力を尽くす所存です。何卒よろしくお願い致します。

監事

監事 渡邊 晴美
 第6回定時社員総会に於きまして監事の職を拝命致しました。
 当技士会は法人格を得てより日比谷旧理事長のもと法人格に相応しい団体となるために4年の歳月を費やし、ほぼその基盤は構築されたように思います。
 今期より神戸新理事長の新体制のもと、更なる会の飛躍が期待されます。
 監事立候補の抱負の中でも申し上げましたが、会員数も現在830名を超え、毎年50名ほどの方が会員登録をされ、ここ2~3年のうちに会員数は1000名を超えるものと思われます。
 こうした背景の中で、今後の当法人の運営方針や財産管理は益々多様化して行くものと思われますが、監事として、健全な事業活動の展開や財産管理が適正に行われているかを、ガバナンス委員会と連携しながら、また1会員としての目線にも立ちながら厳しく監査を行ってゆく所存でおります。
 会員の皆様に於かれましては、今後ともご支援、ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。
 
監事 伊藤 嘉延
 このたび、第6回定時社員総会におきまして、監事の職を拝命いたしました。
 愛知県臨床工学技士会が設立され、23年が経ち会員数も800名を超える職能団体となりました。この間、役員・理事を14年務めさせていただき、様々な活動や事業に参加することによって多くのことを勉強する機会を得ることができました。
 今年度は、監事として理事長を始め、各理事が進める事業・予算等が承認された事項について、定款に基づき適正に運営されているか監査し、監事に対する負託に応えられるように、側面からではありますが微力を尽くしていきたいと思っています。
 会員の皆様には、一般社団法人愛知県臨床工学技士会が素晴らしい発展をしていけるように、今後ともご支援、ご協力を宜しくお願い申し上げます。

Y・ボードへの登録へのお願い

Y-Boardが企画・運営するメールマガジンです。
(社)日本臨床工学技士会からの情報や、Y-Board活動報告、学術などの情報を月1回配信しています。皆様の職務や院外活動の発展に繋がれば幸いです。 登録に、当会の会員・非会員、また年齢など条件はありません。多くの皆様の登録をお待ちしております。

事務局

〒466-8650
名古屋市昭和区妙見町2-9
事務局所在地:名古屋第二赤十字病院 医療技術部 第二臨床工学課内
事務局担当理事:薗田 誠
代表電話番号:052-832-1121
直通電話番号:052-832-5375(FAX兼用) EXT:32501